膝を入れる!空手流ローキック(下段蹴り)の打ち方。

今日は昇龍會流のキックの打ち方をお伝えします。キックはパンチ以上に、素人との差が出やすいものです。ケンカキックでは到達しない「抜ける」蹴りを蹴れるようになりましょう。

それではまずは基本的な左前組手立ちの構えです。

lowkick (4)

この基本構えから4つの動作に切り分けて、蹴りの形を整える稽古をします。

<動作1>
lowkick (1)

まず蹴り足をできるだけ平行になるよう上げます。ここから刀で切り落とすようなイメージです。体はまだ回しません。

<動作2>
lowkick (2)

ここで足を回すのではなく、足はそのまま体ごと回ります。まだ足を開かないことがポイントです。ケンカキックは早く開いてしまい、威力が失われています。当てるギリギリまで力を逃がさないようにします。

<動作3>
lowkick (3)

ここで当てるために足を開きます。重要なのはここに到達する前に、2の動作で先に膝を入れることです。

<動作4>
lowkick (4)

そして素早く元の構えに戻ります。ここまでバランスを崩さないように、それぞれの動作を停止しながらやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です