怪我について

押忍 会長の田中です

酷暑の稽古は本当に気合いが入りますね

この気合い

組手する上で、とても大事です

気を入れて戦わないと、思わぬ怪我を招いてしまいます

では、気合いだけ入れれば怪我をしないのか?

そうでもないです

必ず守る

ディフェンス技術が必要な訳です

このディフェンス技術

これが一朝一夕で身につくものではないんです

何度も反復して体に覚えさせ、そして、いざと言う時、守ってくれる

何度も何度も反復して…

地味な稽古になり、最近はついついオフェンスばかりの稽古

この結果

怪我が発生してしまいます

当会でも怪我が発生しました

格闘技する上で、怪我は付き物です

守る強さ

今一度、深く考えたいものですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です