9/3稽古レポート!一気に涼しくなってみんな絶好調!

9月に入り、急に涼しくなりました。昨日の稽古もとても快適な気候で行うことができました。

冒頭の基本稽古後には会長から蹴りの際の手の位置について指導がありました。

攻撃の練習をしていると、どうしても攻撃の動きばかりに意識が行くものです。

「強く蹴ろう」
「強く突こう」

となりますが、攻撃は同時に守りでもあります。攻撃をしながら、相手の攻撃を最小限に抑えるための手の位置はとても大切ですね。

そして稽古後には武道の心についての話もありました。

最近、他の格闘技団体で暴力事件があったそうです。正当防衛という側面もあったそうですが、武道の道を進む者は絶対に素人に手を出してはいけない。一度手を出したなら、以後絶対に指導はしない、昇龍會も解散する、と会長は話しました。これは日々会長から皆へ伝えていることです。

格闘技は素晴らしいスポーツですが、一歩間違えればただの暴力です。日々、心を整えて正しい武道の道を歩みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です