攻撃は比較的簡単。でもディフェンスは一朝一夕にはできない。

シュートボクシングのRENAさんだったか、その試合の解説だったかで言っていたのですが「打撃は打つのは2.3ヶ月あれば習得できるが、受けるのは一朝一夕には習得できない」との言葉を聞いたことがあります。

そして稽古でも打つ稽古は楽しいものの、受ける(つまり守備)稽古はやや退屈なものです。なのでディフェンスの稽古はおざなりになりやすいです。しかし戦う上でディフェンスは攻撃以上に重要と言っても過言ではありません。

先日の稽古では攻撃の受ける技術について会長から熱心な指導がありました。

cam00012

・こういう攻撃が来たらこう受ける
・なぜこう受けるのか
・次の攻撃に繋げるための足の運び

などなど論理的な解説がありました。ブログでも少し書きたいのですが、なかなか説明が難しいので次の機会に写真付き解説記事書きたいと思います。乞うご期待。

さぁ、怪我をしないため、自分の体を守るために守備の技術を体に染み込ませましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です